アートの可能性と地域資源の再価値化

ご参加の皆さまへ ー 危険なこと >>>

中田島砂丘ってどんなところだろう?
「日本三大砂丘のひとつ」
「浜松の観光地」
「アカウミガメの産卵地」
これらは表層的で人から人へ伝えやすいエピソードとしての言葉でしかない。
中田島砂丘を想うとき、何を感じるのだろう?
足を運んだことがある人には何が残っているだろう?言葉にはならない体感を再確認する。
そんなアートワークショップイベントです。

造形のワークショップ

15:00〜17:00
砂、風、漂流物、場所、時間など砂丘の中で見つけた素材といっしょにアーティスト達と各々につくりだします。
どこで何をつくるかは当日の砂丘で決まります。

ライブパフォーマンス

17:00〜19:00
夕暮れと共に中田島砂丘が舞台へと変わる。
映像が出現し、音と光の粒子が夜の砂丘で化けはじめる。
あちらこちらに飛び交うそれらが形作る音楽と光の実験の場。

トピックス

お知らせ

  1. 10/25/2019

    お子様から目を離さない